ホーム>防音室豆知識

防音室豆知識

本当の防音室とは?

・楽器が演奏可能な物件は色々ございますが、取扱不動産会社によって表記の方法が違います。

例えば「楽器可」「ピアノ可」「楽器相談」「防音室付」等々様々です。

実はそれぞれ全くの別物です。ほとんどの場合「楽器可」ピアノ相談」「楽器相談」という物件は、

特別に楽器演奏をする為に、居室等に特別な手を加えておらず、分譲タイプのマンション、もしくは

一戸建ての場合が多いです。

「防音室付」という表記の場合は2通りございます。

ひとつは、通常の住宅・マンションの一室に「ヤマハ・アビテックス」等の防音室を組み立てて設置した物件。

もう一つは、住居、マンション等の建設段階から防音室として設計され、特別な工法で建築された物件です。

当然一般の工法で建築された物件より、最初から防音室を設計施工された物件の方が、楽器演奏に対し

最適な環境である事は明白です。

楽器が演奏できるお部屋をお探しの方は、上記の点に注意して探しましょう。

楽器可 防音室付き賃貸マンションをお探しの方へ

琴
ギター
木琴
楽器

音楽家・音大生・音大入学希望者・これから楽器を始める方

室内でのピアノ練習が24時間可能な、西武エステートの防音室付き
賃貸マンション

テーブル

遮音性能

弊社の防音室は、コンクリートの壁の厚みを18cm~20cmにする事により、遮音効果を高め、その内側に空気層を作って、もう一つの部屋を作り、その部屋を支える金属棒に音の振動を防ぐゴムをとりつけ、部屋の内部には吸音クロスを張り、遮音と吸音のバランスに依り、いい音が出るように工夫した施工をしております。

音を紡ぎ、音を楽しむ

最大60dBの防音性を実現したトップクラスの防音性

最大60dBの防音性を実現したトップクラスの防音性

人間がうるさいと感じる音量は、70dB~(掃除機の音ぐらいから)と言われています。
当社の防音賃貸物件の、アークパレスは最大60dB、ミューズコートは最大55dBの遮音・防音効果を実現。
うるさいと感じる音が極めて静かに感じる程度まで軽減されます。

例えば、ピアノを室内で演奏すると、95dB以上の音量が発生するのですが、この音量を静かだと感じるまでに低減します。音楽家の方や音大生、これから音楽を始めようという方におすすめです。

防音室 開発秘話

当社の防音室の開発は、ある日、海外から日本の音楽大学に入学したいという親子が、西武エステートを訪ねてきたところから始まりました。

音大生の方々は、自宅での楽器演奏が非常にお困りである事を知り、お客様のご要望を叶えてあげたいという一心で、
楽器可・賃貸物件をリサーチし、より防音性・遮音性が高く、24時間室内で楽器演奏可能な防音室が作れないか、
2年間にわたり研究しました。その後、より防音性・遮音性を高めた物件を建築しました。

お問い合わせ